お客様の声

ホーム > お客様の声 > Kyokoさん&Masato君&Wakanaちゃんの声ご紹介



参加者名: Kyokoさん&Masato君&Wakanaちゃん 滞在期間: 12日間

プログラム名:親子ホームステイ(カナダ)

1.今回一番の思い出は何ですか?

ホストファミリーと過ごした毎日が本当に楽しく一番を選ぶことは難しいのですが、彼らの 庭先に数種類の動物(りす、こうもり、鹿、アライグマ、はちどり、多種の鳥など)が 一日中やってきます。初めて見る動物もいて子供たちはそれらにとても興味を持ち、英語で 名前を覚えてホストファミリーと一緒に毎日観察をするのが日課になりました。 日本では経験できない事なのでとても良い思い出になりました。

2.ホストファミリーはどのような家庭でしたか?ホストファミリーとの過ごし方について教えてください?

彼らは私たちを家族の一員として思いやりを持って接してくれ、私たちは自宅にいるのではないか?と思うぐらいとても居心地の良い環境を作ってくれました。滞在中ビーチへ行ったり、公園でピクニックをしたり、お野菜を一緒に収穫して食べたり、お買いものやお食事にも行きました。またホストマザーは日本文化に興味を持っているのでお煎茶のお手前を彼女に紹介し、お茶会をして楽しいひと時を過ごしました。夕飯後は子供たちも楽しめるDVDを皆で見ました。市内の図書館へ足を運び、絵本の読み聞かせにも参加をしました。

3.出発前に心配だった事はありますか?

事前に心配なことは北海道留学情報センターさんに質問をし、ホストファミリーの連絡先や情報を教えて頂いてホストファミリーとメールのやり取りをしていたので心配事は特にありませんでした。またビクトリア空港へはホストファミリーが送迎をしてくれたので安心でした。

4.帰国後、ご自身やお子様に今回の体験を通して変わったこと、影響を受けた事等はありますか?

ホストファミリーが私たちにしてくれたように初めて会う人達にも思いやりや尊敬の気持ちを持ち接するということはとても大切だと彼らと過ごして感じました。また意思表示もきちんとしないとコミュニケーションが取れないので、些細なことでも言葉にして表現することは重要だと改めて思いました。子供たちは短期間のうちに簡単な英語は理解できるようになり、英語の語彙も増えました。数週間のホームステイで予想以上に英語力が確実につきました。そして日本とは明らかに違うということを理解し異文化に興味を持ち、帰国後その違いなどを祖父母に話していました。いろいろな人々と触れ合うことで、子供たちのふるまいは積極的になったと感じました。数週間のビクトリアでの生活で4歳の娘は寝言を英語で言いました。私たち夫婦はそれを聞き驚きと同時に、夢も英語で見るんだなと感動をしてしまいました。


最後に、今後親子ホームステイを検討されてらっしゃる方へアドバイスやコメントをお願いします?

親子でホームステイをして良かった、というのが今の気持ちです。特に子供たちは毎日が英語漬けなので、英語の上達は速いと思います。ビクトリアには自然がたくさんあるので木々や植物きれいな花や動物に囲まれ、ゆったりとした気持ちになれます。そして何よりも日本ではできない経験を親子で共有することはとても貴重で、私たち親子の絆をより一層深めてくれました。
北海道留学情報センターさんは、様々な質問にもとても速く対応してくれて本当にすぐお返事をくれます。信頼できる会社ですので安心して親子でホームステイの相談をする事が出来ます。是非、親子でホームステイをして色々な経験を楽しんでみてください。
最後になりますが代表の羽田絵里奈さん、お陰さまで私たち親子にとって最高の夏休みを過ごすことができ、素晴らしいホストファミリーを紹介していただき一生忘れられないホームステイを体験できました。お礼の言葉が見つからないくらい感謝をしています。